●レヂデンス虹●

<大切にしていること>

生活拠点のひとつとして、卒業生の「在り続けてほしい」という願いを受け継ぎながら、地域で活動する様々な社会資源と連携し、入居者ひとりひとりの夢の実現への一歩を後押ししています。

<プログラム>

  • SST講座・・・月1回 個人目標に沿いながら1ヶ月間を振り返ります。生活上の問題を入居者の皆さんと一緒に考えていきます。
  • 全体ミーティング・・・月1回 事務連絡、月間プログラムや当番の確認、季節行事などの検討をします。
  • 自助グループリーダー育成講座・・・月2回 テープとテキストを利用しながら学習します。卒業生なども加わったオープングループです。
  • 食事会・・・月3~4回 土曜日の夕食会で、賑やかな交流と美味しい料理が味わえます。
  • 合同面接・・・利用者の方と関係諸機関担当者の方が定期的に集まり、個人目標の振り返りや新しい目標の設定など、情報交換をしながら支援の方法を一緒に考えます。

 

 

●利用について●

 
精神科に通院中で、住宅サービスを必要とされる方に対し、地域社会において生活の場を確保し、自立の促進をはかることを目的としています。原則として、3年を限度とした利用期限があります。
 
 
★対象となる方

①日常生活を維持するに足りる収入のある方

②社会復帰のための何らかのサービスを利用されている方

③一定程度の自活能力がある方

④単身又は家庭での生活が困難な事情がある方

⑤通院治療を継続されている方