●利用について●

 
精神科に通院中で、住宅サービスを必要とされる方に対し、地域社会において生活の場を確保し、自立の促進をはかることを目的としています。原則として、3年を限度とした利用期限があります。
 
 
★対象となる方

①日常生活を維持するに足りる収入のある方

②社会復帰のための何らかのサービスを利用されている方

③一定程度の自活能力がある方

④単身又は家庭での生活が困難な事情がある方

⑤通院治療を継続されている方