●活動紹介●

●社会就労センター プロデュース道 活動紹介●

社会就労センタープロデュース道は、就労移行支援事業所として、原則2年間までの活動を通じて一般就労を目指します。

「働きたい」を叶えるために貴方とサービス管理責任者がともに、貴方独自の『個別支援計画』を作成することから始まります。作成した『個別支援計画』を基に、活動し、振り返り、見直しを行いながら一般就労を目指します。

画像1

☆施設内生産活動☆

プロデュース道が運営している喫茶店「ぴあカフェJHC」の活動を通じて、働くリズム、体力、集中力などを培い、人と折り合い協力して仕事をしながら職業準備性を高めています。

☆施設外職場体験実習☆

施設外就労「生活協同組合コープみらい板橋センター」と一部業務委託契約した業務を、就労支援員の支援を受けながら現場体験を学習できる機会としています。

施設外支援としては、企業・区役所・特例子会社等においての実習体験を実施しています。

☆SST、リカバリープログラム、ジョブサポートプログラム

就職するときや職業生活を継続する為に必要なビジネスマナー、健康管理、生活習慣などについての学習プログラムです。

講師を迎えて、また仲間同士の経験の分かち合いや企業、支援機関の見学会、地域交流活動への参加などを通して、企業で求められる人材像、就労支援の社会資源や、履歴書の書き方など就職準備の実践的な情報を得て、職業準備性向上、求職活動に役立てます。