第2回 連絡会議を開催しました

第2回 障害者就業・生活支援センター

ワーキング・トライ連絡会議 

いたばし就労支援ネットワーク会議

『区内企業と就労支援機関との交流会』 報告


 

平成28年度より、板橋区内の障害者就労支援機関を対象に「いたばし就労支援ネットワーク会議」を企画し、区内の就労支援ネットワーク体制づくりを目指して年に数回開催して参りました。今年度は、東京商工会議所板橋支部と共催で「区内企業と就労支援機関との交流会」というテーマで開催致しましたのでご報告します。

日 時:平成30年3月6日(木)14:00~16:30

会 場:東京商工会議所 板橋支部 会議室

共 催:東京商工会議所 板橋支部

参加者:企業、就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業 所、就労移行支援事業所、就労支援センター、学校、行政  等 計31名

◆講演Ⅰ 『板橋区内企業の状況』

●講師:東京商工会議所 板橋支部                事務局長/シニア地域振興コーディネーター 新保邦彦氏

*工場・印刷業が盛んだった板橋区。働く人、住む人が増えて商店街が発展した。最近は地場産業である製造業の廃業や工場の県外移転などが増加。特に“人材不足”が今年度より深刻化。そのため、多様な人材(障害者、高齢者、女性、外国人等)の活躍を推進していく必要性を感じている。

参加者アンケートより                  ・法定雇用率等の問題もあり、企業がなかなか前向きに取り組めていない現状が分かった。                 ・商工会議所に関する理解を深めることができた。

 

   ↑左から新保氏、谷田氏

◆講演Ⅱ 『障害者雇用の取り組みについて』   

●講師:株式会社タニタハウジングウェア            代表取締役社長 谷田 泰氏

*数年前から障害者雇用を意識し都内特別支援学校の見学や業務の発注をする中で理解を広げていった。3年前より特別支援学校の学生インターンシップの受け入れを行い、徐々に就職候補生として受け入れ、現在1名の卒業生が就職している。計画的な雇用までの道のりと雇用後の管理、社内理解促進の取り組み等について具体的にお話いただく。

参加者アンケートより                  ・障害、健常者関係なく「一人の社員」として戦力になる事例をお話し頂きました。                    ・とても新鮮な関わり方をされていて、送り出す側としてはほっとしました。

◆就労支援機関の事業紹介(就労移行、就労継続支援A型、B型、 就労支援センターより)
グループディスカッション「企業と就労支援機関との連携を考える」

参加者アンケートより                   ・就労を支援する側と企業側の双方の視点でディスカッションができ良かったです。                    ・就職された方が定着していけるよう、特性を正確に把握し伝えて行くことが自分たちの仕事、役割だと認識しました。


ご参加していただいた皆様、ありがとうございました。    次回も、よろしくお願い致します。

 

 

出張♪作業体験のご案内

ワーキング・トライでは、障害者のある方の就労への取り組みを応援しています。その一つとして「出張 作業体験」を受け付けております。皆様の普段活動されている施設へ訪問し、いろいろな作業を体験してもらう場面を提供します。

実際に体験した方からは、「自分の得意な作業がどのくらいできるのか分かって良かった」「自分の仕事のやり方などが分かって良かった」「他の人がどのくらい作業ができるのか参考になった」など好評でした。

ぜひ多くの方からのご応募をお待ちしております。

⇒案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)

⇒申込用紙のダウンロードはこちら(Word)

 

いたばし就労支援ネットワーク会議のご案内

平成29年度障害者就業・生活支援センター 第2回連絡会議

いたばし就労支援ネットワーク会議 のご案内 

 今年度、「いたばし就労支援ネットワーク会議」では支援者のスキルアップを図るため、9月、10月、11月と3回連続で、就労支援従事者研修を開催し、大勢の皆様に参加いただきました。

 今回は、「区内企業と就労支援機関との交流会」を下記の要領にて企画いたしました。

ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ぜひご出席くださいますようお願い申し上げます。

                 記 

1.日 時

平成3036日(火)午後2時~430分(受付 午後130分から) 

2.会 場

東京商工会議所 板橋支部 会議

3.内 容

・講演Ⅰ「板橋区内企業の状況」

講師:東京商工会議所 板橋支部事務局長

シニア地域振興コーディネーター新保邦彦氏

・講演Ⅱ「先行企業の取り組み」

講師:株式会社タニタハウジングウェア

代表取締役社長 谷田泰氏

・就労支援機関の事業紹介

就労移行支援事業所、就労継続支援A型・B

事業所、就労支援センター

・グループディスカッション 

4.対象者

区内の就労移行支援事業所、就労継続支援A型・B型事業所、就労支援センター、企業、教育機関、および行政機関 

5.申込み

ご希望される方はワーキング・トライまでご連絡ください。申込用紙をお渡しします。

⇒ご案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)

●ワーキング・トライ●

●障害者就業・生活支援センター ワーキング・トライ●

画像1<大切にしていること>

あなたの「働きたい」「働き続けたい」を応援します。

「働くこと」「働き続けること」を希望している障害者の方に、福祉・医療・企業・教育などと連携しながら、就労とそれに伴う生活の相談・支援を行うセンターです。

 

<開所時間>

午前9時~午後5時(月曜日~金曜日)

 

<活動内容>

  • 個別相談支援・・・一般企業での就労、それに伴う生活についての相談支援を行っています。
  • グループ活動・・・働き続ける利用者への定着支援としてグループミーティングを実施しています。
  • 地域ネットワーク構築・・・地域の支援機関との連携を深めるため、支援者の交流会や連絡会議を実施しています。
  • 啓発・研修・・・就労支援について広報・啓発・情報交換を行う、支援力の向上のため研修を開催するなどしています。

 

<就労支援の流れ>

画像2

●利用について●

<このような方が利用できます>

①精神障害、身体障害、知的障害、発達障害、高次脳機能障害、その他の障害をお持ちの方で働きたい方や働き続けたい方、またその家族の方

②障害者雇用に関わりや関心のある事業所の方

③施設職員、障害者雇用支援を行っている関係機関の方

※お住まいの地域に関係なく利用できます。