平成30年度 第1回 連絡会を開催しました

≪東京都福祉保健局委託事業≫                  精神障害者就労定着支援連絡会
 第1回 『就労継続には何が大切か?』 報告


~はじめに~

平成30年4月より、精神障害者の雇用義務化となり法定雇用率算定基礎対象となりました。それを踏まえて東京都福祉保健局においては『精神障害者就労定着連携促進事業』を立ち上げ、『精神障害者就労定着支援連絡会の設置』を都内6か所の障害者就業・生活支援センターが委託され、ワーキング・トライは城北圏域を担当することとなりました。
この連絡会は、“精神障害者の就労・職場定着を促進すること”を目的に、就労支援関係機関の皆様を対象とする連絡会を年4回開催させていただきます。障害者就労に携わる皆様と学び合い、連携し合いながら、本連絡会を作り上げていくことを目指しております。

●日 時:平成30年3月6日(木)14:00~16:30
●会 場:東京商工会議所 板橋支部 会議室
●参加者:企業、就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業 所、就労移行支援事業所、就労支援センター、学校、行政  等 計31名
◆講演Ⅰ 『板橋区内企業の状況』
●講師:東京商工会議所 板橋支部                事務局長/シニア地域振興コーディネーター 新保邦彦氏
*工場・印刷業が盛んだった板橋区。働く人、住む人が増えて商店街が発展した。最近は地場産業である製造業の廃業や工場の県外移転などが増加。特に“人材不足”が今年度より深刻化。そのため、多様な人材(障害者、高齢者、女性、外国人等)の活躍を推進していく必要性を感じている。

第1回 連絡会議を開催しました

平成30年度 第1回
障害者就業・生活支援センター ワーキング・トライ
連絡会議 報告


今年度第1回連絡会議を下記の通り開催しましたことをご報告いたします。詳しくは添付ファイルをご覧ください。

ご参加していただいた皆様、ありがとうございました。    次回も、よろしくお願い致します。

【日時】平成30年5月31日(水) 14:00~16:00
【場所】板橋区立 グリーンホール 601会議室 (板橋区栄町36-1)
【内容】平成29年度実績報告、平成30年度事業計画
ワーキング・トライ利用者の体験談、意見交換

第1回連絡会